平祐奈の姉があのCMを生実演!?

平祐奈さんのお姉さんといえば、平愛梨さんですよね。
今回はそんな平姉妹の仲良しエピソードについて紹介します。
それは平祐奈さんが夏本番の「アレ」に悩んでいるところを
姉の愛梨さんが救うという内容なのです。
しかし、それが愛梨さん自身が出演するあるCMのまんま再現でした。


スポンサーリンク





平祐奈のアレを姉が救うまでの経緯とは?

時は2016年の7月18日のことです。
この日の天気は晴れ。
最高気温は33.5℃と真夏日でした。
2016年の今年は7月1日から連日の30℃超えで
体もバテ気味になってしまいますよね。
しかし、そんな時にも容赦なくやってくるのが「蚊」です。
「蚊」の活動気温は25℃~30℃なので本来はこれだけ暑いと逆に刺されにくいはずです。
しかし、「蚊」のほうも日本の夏の暑さに慣れてしまったせいか、普通に活動していたようですね。
そして、案の定平祐奈さんは蚊に刺されてしまいます。
暑いし、かゆいし、とまさに踏んだりけったりな状況。
そんな時に祐奈さんの下にやって来たのが姉の平愛梨さんです。
しかし、不思議な歌を口ずさみながら手に持った虫刺されの薬を祐奈さんに塗ります。
そして、平祐奈さんのかゆみは無事消え去りましたとさ。
ということで当時の様子について平祐奈さんの公式Twitterで公表しています。


「キンカン」と「どこかのお姉さん」というキーワードがありますが、一体何のことでしょうか?

平祐奈の姉の謎のキーワードの答えとは?CMソング!?

実はこれ、平愛梨さんが出演している「キンカン」のCMの再現です。
まあ、実際にCM映像を見てもらいましょうか。
※公式ページの映像は非公開となっていたため、映像へのリンクのみといたします。
CMでは一人の少年が「かゆーい」と言っていましたが、
この少年の代わりに平祐奈さんが「かゆーい」と叫んでいたわけです。
そして姉の愛梨さんがCMソングを口ずさみながらCMの内容そのままでキンカンを塗ったというわけですね。
確かにCMの設定では平愛梨さんが演じるお姉さんは里帰りにやって来ているのですが、
里帰りの先はキンカン村であり、この一家というわけではないんですよね。
そんなわけで確かにCMでも「どこかのお姉さん」だった平愛梨さん。
平祐奈さんのTwitterでも「どこかのお姉さん」なわけです。

ところでこのCMソング、作曲したのは実は服部正さんです。
何とラジオ体操第1(2代目、3代目)の作曲をされた方です。
ちょっと豪華なCMに平愛梨さんも個人的に気に入ってしまい、
「どこかのお姉さん」を再現したくなった
ところに丁度平祐奈さんがいた、ということなんでしょうかね。

タイトルとURLをコピーしました