神木隆之介の身長(2011年)が注目される理由とは?空白の期間が存在!?

突然ですが、神木隆之介さんに関する謎のキーワードを見つけてしまいました。
それは「神木隆之介 身長 2011」というキーワードです。

神木隆之介さんの身長はまだ分かるとして、
2011って一体何のことなんでしょうか?
調べてみた結果、「神木隆之介 身長 2011」について意外な事実が判明しました。





神木隆之介 身長 2011の真相とは?

「神木隆之介 身長 2011」について調べてみたところ、
どうやら神木隆之介さんの2011年のときの身長のことを指していることが分かりました。
現在の2016年現在の神木隆之介さんの身長は167cmですが、
2011年の頃は166cmでした。
つまり、
神木隆之介さんの現在の体型はこの2011年に完成した
というわけです。
とはいえ、2011年といえば神木隆之介さんは既に18才です。
とうの昔に神木隆之介さんの成長期は終わっているはずなのですが、なぜ2011年なんでしょうか?

神木隆之介の2011年までの空白の期間が存在する!?

神木隆之介さんのドラマと映画の出演歴を見るとあることが分かりました。
ここは論より証拠。
実際に過去の神木隆之介さんの主演作を見てみましょう。

  • 探偵学園Q(2006年7月1日、ドラマ) – キュウ(連城究) 役
  • 遠くの空に消えた(2007年8月18日、映画) – 楠木亮介 役
  • Little DJ~小さな恋の物語(2007年12月15日、映画) – 高野太郎 役
  • 11人もいる!(2011年10月 – 12月、ドラマ) – 真田一男 役
  • 桐島、部活やめるってよ(2012年8月11日、映画) – 前田涼也 役

気が付きましたか?
実は2007年から2011年の間にちょっとした空白期間が存在しているんです。
それは神木隆之介さんの受賞歴を見ても
2006年
第29回日本アカデミー賞 新人俳優賞 – 映画『妖怪大戦争』
2011年
第51回モンテカルロ・テレビ祭(世界四大映像祭) 「テレビ映画部門」男優賞 ノミネート
第51回モンテカルロ・テレビ祭(世界四大映像祭) 特別賞「AMADE/ユネスコ賞」- NHK『心の糸』
と2006年と2011年の間に5年間の空白期間がありますよね。
ここで注目したいのが、「空白期間」のはじめと終わりの時期です。
まずは空白期間の始まりは2006年でした。
この時の神木隆之介さんは13才くらいです。
そして、空白期間が終わりとなる2011年は18才でしたね。
ここで神木隆之介さんが子役時代にかなり注目されていたことを思い出してください。
ドラマのデビューが5才なので、当時は小さく可愛らしい子という印象がありました。
そして13才という年齢は一般的にも成長期が始まるか始まらないかの時期ですよね。
つまり、そして18才には当然成長期は終わっています。

・・・もうわかりましたよね。
2011年に久しぶりに神木隆之介さんを見て、
急激に身長が伸びた
と感じる人がかなり多かったというわけです。
残念ながら子役時代の神木隆之介さんの身長は明らかになっていませんが、
166cmであっても2006年から2011年の間の5年間でかなり伸びたことは想像できますよね。
このことから「神木隆之介 身長 2011」という謎のキーワードが残り続けたというわけです。
ちなみに2006年から2011年の間ですが、
別に神木隆之介さんの仕事がなかったわけではありません。

というのはドラマでの登場はそれまでに比べると若干少なくなったものの、
それでも出演はしていました。
しかし、神木隆之介さんの仕事が全体的に減ったわけではありません。
神木隆之介さんは2009年に映画「サマーウォーズ」の主人公・小磯健二の声を担当していました。
またその他にもいくつかのアニメの声の仕事をしていたのです。
要するに神木隆之介さんの芝居の幅が広がったというのが正しいですかね。
2011年に急成長した神木隆之介さんを見て驚いた人もいましたが、
それでも子役時代のイメージが崩れたわけではなかったため、
今までの人気が陰ることはなかったわけですね。

タイトルとURLをコピーしました