神木隆之介の映画と将棋の関係は?思わぬ疑惑の真相とは!?

神木隆之介さんが2017年公開予定の映画「3月のライオン」の主演をすることになりましたね。

映画のテーマは「将棋」です。
そこで、神木隆之介さんの役がどのように「将棋」に関わっているのかを説明します。

また、映画「3月のライオン」の撮影期間中に神木隆之介さんに思わぬ疑惑が浮上しました。
その真相についても合わせて紹介したいと思います。





神木隆之介の映画の役は孤独な若きプロ棋士!?

映画「3月のライオン」の神木隆之介さんの役名は桐山零(きりやま れい)です。
零は「3月のライオン」の主人公です。
ちなみに17才で既にプロ棋士です。
随分若いプロ棋士だな、
と思いきや、零がプロ棋士になったのは何と中学生の頃です。
零は史上5人目ということなのですが、
それよりも前に4人も同じく中学生でプロ棋士になっているというのは驚きですよね。
そんな零ですが、かなり過酷な生活環境を過ごしていました。
きっかけは零が小学生のときです。
交通事故により、零を残し家族全員が亡くなってしまったのです。
零はその後、施設に追いやられかけます。
そんな零に手を差し伸べたのはプロ棋士の幸田でした。
幸田は亡くなった零の父親の友人であり、
零を将棋の内弟子として引き取ることにしたのです。
しかし、そんな零に待っていたのは穏やかな生活ではありませんでした。
実は幸田の子供(特に息子)は父親の影響で将棋の道に進もうとしていました。
しかし、後から来た零のほうが将棋の腕が優れており、
そのことが幸田の実子たちの嫉妬と反発を生むことになります。
結局、零は中学を卒業したタイミングで幸田の家を出て一人暮らしをすることにします。
その後、零は自力でお金を貯めて一年遅れで高校に進学しますが、
それまでの人間関係が希薄だったこともあり、友人はできず孤立していました。
そんな零を救ったのは川本家の3姉妹であるあかり、ひなた、モモでした。
そして、最初は友人ができなかった零でしたが、
高校の放課後将棋科学部(将科部)と関わることにより
次第に変わっていきます。
こうして零は将棋の腕前だけでなく、人間的にも成長していきます。
映画「3月のライオン」は前後編の2本立てとなっていますが、
物語の中で神木隆之介さんが演じる桐山零が次第に変わっていく姿も見どころの一つです。

神木隆之介が将棋の対戦相手に内緒で映画の役作り!?

映画「3月のライオン」で神木隆之介さんは若きプロ棋士を演じるわけですが、実は全く別の映画で「将棋」に関する思わぬ疑惑を追及されるエピソードがあったため紹介します。
それは4月23日の映画「太陽」の初日舞台あいさつでのことでした。
この時に神木隆之介さんは映画「太陽」の共演者の古舘寛治さんを自宅に招き、
一緒に将棋を指したというエピソードを披露していました。
このことに対して古舘寛治さんが

彼は将棋モノの映画(『3月のライオン』)の練習をやっているらしいので、
その相手として“いいカモ”を見つけたという感じかな

と神木隆之介さんの「役作り利用」を疑ったのです。
これに対して神木隆之介さんはもちろん否定していました。
しかし、その後お互いの仲良しっぷりを話していましたし、
お互いに非常に親密だからこそ言えたギリギリネタだったということなんでしょうかね。

しかし、これ映画「3月のライオン」の宣伝になっているような気がするのですが、
映画「太陽」の初日挨拶で話してしまって大丈夫だったんでしょうかね?
・・・まあ、あまり細かいことは気にしないほうがいい、ってことですね、はい。

タイトルとURLをコピーしました