神木隆之介が映画 3月のライオンの主演にハマり過ぎ!?大絶賛の理由とは?

神木隆之介さんが映画「3月のライオン」の主演に抜擢されたことが話題になっていますね。
「3月のライオン」の原作は羽海野チカさんの漫画です。
よく漫画の実写版というと「原作ぶち壊し」と酷評されるケースは少なくありません。
その理由の一つがキャスティングミスです。
しかし、今回の神木隆之介さんの映画「3月のライオン」のキャスティングですが、
むしろ大歓迎されているんですよね。
そこで神木隆之介さんが映画「3月のライオン」の役にハマりすぎるほどピッタリな理由について調べてみました。





神木隆之介が3月のライオンの役にビジュアル的に似すぎ!?

映画「3月のライオン」で神木隆之介さんが演じるのは主人公の桐山零です。
この零と神木隆之介さんが非常によく似ているんです。
というわけで早速二人を比べてみましょう。
まずは神木隆之介さんから。

※出典:神木 隆之介 – アミューズ オフィシャル ウェブサイト
これは神木隆之介さんの所属事務所の公式プロフィールの写真です。
そして、桐山零の画像です。

※画像をクリックすると商品のページにリンクします。
写真では神木隆之介さんはメガネをかけていませんが、
メガネをかければまさに零そのものですよね。

映画「3月のライオン」のビジュアルに関しては
神木隆之介さんの素のままでも全く違和感がないというわけです。
しかし、神木隆之介さんが映画「3月のライオン」の主演に賛成意見が多いのは見た目だけではありません。

実はそこには過去の神木隆之介さんの実績も裏付けされていたのです。

神木隆之介は過去の漫画の実写版映画で大絶賛!?

神木隆之介さんの役者歴は子役期間も含みますが、
1993年のグッドニュースでのデビューから数えると約25年近いです。
その中で過去に漫画の実写版映画に出演したのは以下の5作品です。

  • 20世紀少年 最終章 ぼくらの旗(2009年8月29日) – 勝俣忠信(中学時代) 役
  • るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編(2014年8月1日、9月13日) – 瀬田宗次郎 役
  • 神さまの言うとおり(2014年11月15日) – 天谷武 役
  • 脳内ポイズンベリー(2015年5月9日) – 石橋 役
  • バクマン。(2015年10月3日) – 高木秋人 役 (佐藤健とのW主演)[20]
  • 3月のライオン(2017年公開予定) – 桐山零 役

そのうち、主演を担当したのは「バクマン」と今回の「3月のライオン」です。
とはいえ、それ以前の作品についても神木隆之介さんはかなりの存在感がありました。
神木隆之介さんの漫画の実写映画で鮮烈に印象に残ったのがるろうに剣心です。
この映画での神木隆之介さんの役は佐藤健さんが演じる緋村剣心の宿敵の一人である瀬田宗次郎でした。
宗次郎は感情のない天才剣士であり、
実写で表現するにはかなり難しいとされていました。
それだけに熱烈なるろ剣ファンは実写化に大反対するほどだったのです。
しかし、この否定的な意見は神木隆之介さんの演技を見ると
神木隆之介でなければ宗次郎は演じることができない
と180度変わってしまったのです。
熱烈なファンも神木隆之介さんのあまりの宗次郎へのハマり役っぷりに納得をしたというわけです。
その後、「神さまの言うとおり」「脳内ポイズンベリー」「バクマン」でも
それぞれ全く異なる役でありながらも
どれも神木隆之介さんは見事に演じきり賞賛の嵐でした。
そして、今回の映画「3月のライオン」というわけです。
映画「3月のライオン」の零も繊細で難しい役なんですよね。
しかし、神木隆之介さんなら全く問題なく桐山零を演じることができるのではないでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました