山田裕貴の受験のシンデレラの役柄は?主人公とヒロインを取り合う!?

山田裕貴さんが出演するNHKドラマ「受験のシンデレラ」。
ここでは「受験のシンデレラ」の内容と山田裕貴さんの配役について紹介します。





山田裕貴が出演する受験のシンデレラってどんな話?なぜシンデレラ?

NHKドラマ「受験のシンデレラ」の原作は和田秀樹さんの同名小説です。
実は2008年に一度映画化もされており、
今回8年を経過してドラマにも登場することになったわけです。
受験のシンデレラの中心となるのが
川口春奈さんが演じる遠藤真紀と
小泉孝太郎さんが演じる五十嵐透です。

真紀は母子家庭で育ち、定時制高校に通いながら
幾つかのバイトを掛け持ちし、何とか生活をしています。
一方、五十嵐はとある一人の塾講師です。
しかし、教育者としての能力はかなり高いものの
人格面でやや問題があるせいか、周りとの関わりを極力避けています。
そんな二人が偶然出会ったことがきっかけで
真紀は東大を目指すことを決意します。

真紀は定時制に通っているものの学力は昼間部の生徒にも負けないものでした。
五十嵐も真紀の実力を認めていました。
また、
教育費にお金をかけることのできる裕福な家庭だけが東大に合格できる
という現状には納得しておらず真紀の夢を後押ししたいとも考えていました。
そんな矢先に見つかった五十嵐のガン。
余命は約1年半ということで、残りの人生を真紀の受験に費やすことを決めます。
真紀の大学受験は1年後です。
果たして真紀は無事に東大に合格できるのでしょうか?

山田裕貴の受験のシンデレラの役柄は?ヒロインとの関係は?

山田裕貴さんの役は昼間部に通う沖田裕太です。
沖田は野球部でしたが、3年になり受験のため、
既に引退していました。
沖田は実は真紀の受験の相談相手の一人で、
一緒に受験勉強をしていました。
しかし、沖田は一緒に過ごすうちに次第に真紀に恋心を抱くようになります。
真紀としては、東大合格のためには
五十嵐にマンツーマンに教えてもらうのが一番の近道となるわけですが、
そうなると自然に沖田との距離は遠くなりますよね。
沖田は真紀への想いを秘めたままにするのか、
それとも何か行動を起こすのか、非常に気になります。

「受験のシンデレラ」は残念ながらBSプレミアムのみでの放送で
私の家のテレビでは見ることができません。
しかし、「受験のシンデレラ」の再放送や
動画配信サービスでの公開などがあれば必ず見たいと思います。

もちろん山田裕貴さんが演じる沖田についてもチェックしますよ。

タイトルとURLをコピーしました