山田裕貴のストロボエッジの役柄は?原作への思いが熱すぎる!?

山田裕貴さんが出演した映画「ストロボ・エッジ」の役柄を紹介します。
映画「ストロボ・エッジ」は2015年3月14日に公開された
主演が福士蒼汰さんと有村架純さんの映画でしたね。
とはいえ、山田裕貴さんのストロボ・エッジでの役も
話の中では結構重要な位置にいるんですよね。
山田裕貴さん自身も「ストロボ・エッジ」にはかなりの思い入れがあり、
かなり熱すぎると言っていいほどの思いを語っていましたので是非紹介したいと思います。





山田裕貴が出演したストロボエッジってどういう話?そもそもどんな意味!?


映画「ストロボ・エッジ」は咲坂伊緒さん原作の少女向けコミックです。
集英社の「別冊マーガレット」では2007年7月号から2010年9月号まで連載されており、
単行本も10巻出ています。
※ちなみに既に完結しています。
コミックでの主人公は素直で純粋な女子高生の木下仁菜子ですが、
映画では主演は仁菜子を演じるが有村架純さん一人ではありません。
実は映画「ストロボ・エッジ」では有村さんと
仁菜子が想いを寄せる学年一の人気者・一ノ瀬蓮を演じる
福士蒼汰さんとでダブル主演となっているんですよね。

映画の内容も仁菜子からの蓮への想いが実るという単純な話ではなく、
そこには他の男女の二人への恋心も複雑に絡み合います。
そもそも、蓮自身は既に付き合っている彼女がいるため、
一度は仁菜子の告白を断るものの、
次第に仁菜子を意識し出してしまうわけです。
「ストロボ・エッジ」という名前は「眩しくてキラキラした一瞬」という意味を込めた
原作者の咲坂伊緒さんの造語です。

ストロボとはカメラのストロボ、つまり「瞬間的な強い光」です。
一方、エッジは尖ったものを指し、ストロボをさらに強調しています。
つまりその瞬間ごとの非常に眩しくて非常に強い想いをイメージした
というわけです。

ストロボエッジの山田裕貴の役柄は?以前から熱い思い!?


山田裕貴さんの役柄は主人公の仁菜子を次第に好きになってしまう安堂拓海です。
安堂は仁菜子が蓮に告白している場面をたまたま目撃したことから
仁菜子に興味を持ち始めます。
元々安堂は女性に対しては軽い性格をしており、
携帯の電話帳には女子の連絡先がびっしりと登録されていました。
しかし、安堂は素直で純粋な仁菜子のことが本気に好きになってしまいます。
かつては初恋でフラれたことで恋愛を諦めていた安堂でしたが、
仁菜子に近づいたことで再び恋愛に向き合うことになるのです。
・・・まあ、結末としては安堂にとっては非常にほろ苦い結果となるわけですが、
安堂がストロボエッジでは非常に重要な役柄であることは間違いないわけです。
そんな安堂を演じた山田裕貴さんですが、
実はストロボ・エッジの話自体は高校時代のときに知り、
そのときから安堂という人物に非常に惹かれていたようです。

自分が安堂役を演じることになったことで嬉しい半面、
前評判では自分が安堂役を演じることに対して否定的な意見が多かったため、
むしろその逆境をバネにしたとのことでした。
実はインタビューだけではなく、
山田さん自身のオフィシャルブログでもストロボ・エッジの安堂役について
かなり熱く語っています。
ご自身でも

今日のブログは長いです
覚悟してください!(笑)

と前置きしていましたが、本当に長いです(笑)。
その内容はストロボ・エッジファン、安堂ファン、山田裕貴さんファン
誰でも必見の内容となっておりますので、是非ご覧ください
以上、山田裕貴のストロボエッジの役柄と
原作への熱すぎる思いについてでした。

タイトルとURLをコピーしました