山田裕貴のGTOの役柄は?当時の写真も公開!?

山田裕貴

俳優・山田裕貴さんの出演作「GTO」の役柄について紹介します。

山田裕貴さんのアウトロー的な学園もので真っ先に思い浮かぶのはやはり「HIGH&LOW(ハイアンドロー)」シリーズですよね。

でも、実はそれだけではないんです。その他にも山田裕貴さんの代表作として挙げたいのが「GTO」です。

果たして山田裕貴さんはGTOではどんな役を演じていたのでしょうか?





山田裕貴が出演したGTOってどんなドラマ?


山田裕貴さんが出演したドラマ「GTO」の原作は藤沢とおるさんの漫画「GTO」です。

GTOは以前週刊少年マガジンで1996年12月11日から2002年1月30日の間に連載されていました。

主人公・鬼塚英吉はかつては湘南の最強の不良「鬼爆」と恐れられていました。そんな不良が今ではイチ教師です。しかし、ただの教師ではなく型破りなところが鬼塚らしいところです。

実は鬼塚が教師を志望する動機は非常に不純なものでした。しかし、実際に教師になってからは持ち前の真っ直ぐな性格から鬼塚はかなり過激なやり方ではあるものの学校でのトラブルを尽く解決していきます。

ちなみにドラマ「GTO」は大きく分けると1998年版と2012年版の2バージョンがあります。

1998年版は主人公の鬼塚英吉を反町隆史さんが演じていました。またこのとき主演の反町さんが歌う主題歌「POISON~言いたい事も言えないこんな世の中は~」はかなりの大ヒットでした。

一方2012年版のGTOではEXILEのAKIRAさんが鬼塚英吉を演じています。

※ちなみに主題歌はEXILEとLDHのメンバー混成のグループEXILE TRIBE、そして、同じくLDH所属のE-girlsが担当していました。

山田裕貴さんが登場したのは2012年版の「GTO」です。ファンならくれぐれも間違えないようにしてくださいね(笑)

山田裕貴のGTOの役柄は?当時の写真は?


山田裕貴さんの「GTO」(2012年版)での役柄は藤吉晃二です。

もちろん、藤吉は鬼塚が担任をするクラスの生徒の一人です。

しかし、藤吉は生徒Aといったようなちょい役ではなく、実は藤吉がメインだった放送回もありました。

藤吉の一家は父親が失業してしまったことで、生活が困窮していました。そのため、藤吉は昼夜問わず働く両親の代わりに幼い弟たちの面倒を見つつ、
通学していました。

藤吉の夢は料理人でした。そのため、料理学校に進学をしようとしていましたが、家庭の事情からそれを諦めようとしていました。

しかし、鬼塚の熱意と同級生の野村朋子通称「トロ子」との一件で再び藤吉は再び調理師の道を進むことを決意します。

ドラマ「GTO」では鬼塚が担当する2年4組(のちに3年4組)の生徒のほとんどが反発しています。しかし、藤吉自身は鬼塚の理解者の一人の村井國男の友人ということもあり、それほど鬼塚には反発していません。

なので、非常に癖が強い2年4組の生徒の中では藤吉は素直に応援したくなる生徒なんですよね。

ちなみに当時GTOに出演していたころの山田裕貴さんの写真については自身のオフィシャルブログで紹介していました。

HIGH AND LOWとは違った山田裕貴さんの一面が見られますよ!

タイトルとURLをコピーしました