山田裕貴の父の元プロ野球選手の経歴とは?息子も甲子園を目指していた!?

アフィリエイト広告を使用しています

映画で大活躍中のイケメン俳優の山田裕貴さん。
実は山田さんのお父さんは元プロ野球選手なんですよね。
ということは山田裕貴さんも高校野球やプロ、
さらにはメジャーを目指す野球少年だったのでしょうか?

せっかくなので調べてみました。





山田裕貴の父は誰?現在は?

山田裕貴さんのお父さんは元内野手の山田和利さんです。
その山田和利さんのプロフィールがこちらです。

出身地 愛知県名古屋市中村区
生年月日 1965年6月3日
身長 178 cm
体重 82 kg

プロ野球の現役時代は中日と広島の2球団に所属していました。
具体的には1984年にドラフト4位で
山田和利さんにとっては地元の中日に入団します。
その後、1991年に広島にトレード移籍し、
1996年に再び中日に復帰しています。
しかし、中日に復帰したまさに1996年に怪我をしてしまい、
残念ながら引退してしまいます。
プロ野球選手だった期間は約12年くらいです。
しかし、31歳で引退ということになりますので、
当時はまだこれから、という無念な思いだったでしょう。
現在山田和利さんは、プロ野球チームのコーチをしています。
こちらも中日→広島と現役時代と同じチームのコーチなんですよね。
確かに中日は地元ということもあるのですが、
広島に関してはそれ以上に
現役時代にチームにかなり貢献した
ということが高く評価されたとも言えるでしょう。

山田裕貴も父のような野球選手を目指していた!?

まずは山田裕貴さんのプロフィールから。

生年月日 1990年9月18日
出生地 愛知県
身長 178 cm
血液型 O型

山田裕貴さんといえば、
かつてテレビドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」で
ゴーカイブルー/ジョー・ギブケン役を担当していました。
ヒーロー物といえば、出演者はイケメンぞろいですよね。
ということは山田裕貴さんも間違いなく
イケメンと断言できますよね。

そんなイケメンな山田さんですが、
もちろん元プロ野球選手の父親に影響されていました。
そうです。
小中学校まで野球少年だったんですよね。
このまま、高校も野球を続け、
めざせ、甲子園!
といきたいところですよね。
しかし、残念ながら山田さんが高校に入ると同時に
野球の道は諦めてしまいます。

自分に野球の実力の限界を感じてしまったということでしょうか。
しかし、その後山田さんが俳優の道を選んだのは
ある意味正解といえるでしょう。
2015年3月14日に公開のストロボ・エッジでは
安堂拓海役で主演の福士蒼汰さんと有村架純さんを盛り上げていました。
また、2016年にはこちらで分かっている限りでも
何と以下の6本の映画に出演が決まっています。

  • 闇金ドッグス3(2016年5月21日)
  • ふきげんな過去(2016年)
  • ROAD TO HiGH&LOW(2016年5月7日)
  • HiGH&LOW THE MOVIE(2016年)
  • オオカミ少女と黒王子(2016年)
  • 青空エール(2016年8月20日)

今後の山田裕貴さんの俳優としての活躍に期待したいですよね。
以上、山田裕貴さんと元プロ野球選手でお父さんの山田和利さんの紹介でした。

タイトルとURLをコピーしました