桐谷健太のラップ 5LDK 動画って一体何?

桐谷健太さんの5LDKで披露したラップ動画について紹介します。
少し前の話になりますが、
桐谷さんのクオリティが高いラップに驚くこと間違いなしです。





桐谷健太が出演した5LDKって何?

5LDKはTOKIOのトークバラエティ番組です。
TOKIOのトークバラエティといえば、
今はTOKIOカケルが放送されていますよね。
また、以前にはメントレ、メントレGもありました。
あまり気が付かなかったのですが、
実はこの3番組放送曜日が違うんですよね。
実際のそれぞれの放送時期と放送時刻がこちらです。

番組名 放送時刻 放送期間
メントレ/メントレG (金)23:00-23:30 → (日)21:00-22:00 1999/10/8 – 2008/9/14
5LDK (木)23:00-23:30 2008/10/9 – 2012/9/20
TOKIOカケル (水)23:00-23:30 2012/10/10 –

実はメントレGのゴールデン進出を除くと放送時刻は23時から30分というのは
共通しているものの、金曜→木曜→水曜と変わっているんですよね。
前番組の放送終了時期と次番組の放送開始時期がぴったり合ってるので、
単純に番組名が変わった「TOKIOのトークバラエティ番組」と思いきや、
実はそうではなかったんですね。
ちなみに5LDKの名前の由来は番組のセットである
2階建て5LDKの一軒家でトークをするという番組コンセプトから来ています。
ですので、ゲストは番組の始めにドアの呼び鈴を鳴らし、登場するという仕組みもありました。
桐谷健太さんはこの番組で自慢のラップを披露した、というわけです。

桐谷健太が5LDKでラップを披露した真相は?動画はどこ!?

とはいえ、桐谷さんにとってはラップは全くの想定外であり、
いわば無茶ぶりに近い形でした。
具体的には桐谷さんが5LDKに出演したのは2011年8月4日のことです。
桐谷さんの出演していた火曜ドラマ「絶対零度」の番宣として、
女優の上戸彩さんと俳優の北大路欣也さんと共に出演したんです。

番組の中で話題がいつの間にか桐谷さんのラップになりました。
TOKIOの長瀬智也さんが桐谷さんのラップがうまいという話をし、
これ、みんな聞きたいだろうから
とマイク持ち出したのがきっかけです。
突然の展開に桐谷さんは絶対無理と激しく動揺していました。
しかし、長瀬さんのボイスパーカッションが始まった途端、
突然本気モードになり、以下の即興ラップを披露したのです。

長瀬まかせのリズムに合わせ
マイクはねぇが 退屈はさせねぇぞ
フリースタイルモード
どうも じゃあやってみようか この自己紹介
火曜日9時は絶対零度
こんなドラマは 滅多にねぇぞ
主演は上戸 年齢は下とは思えないこの安心感 存在感
これまさに彼女の努力の賜物です
ボスはこの人 北大路さん
まるで星の王子様のような目で俺たちを包む
それが実を結ぶ
だって俺たちは 1倍2倍3倍芝居に命をかける
そう 未来にかける橋はどこにある?
そんなのわかんねぇけど もうちょっと続けるぞ
TOKIOとこうやっているひと時を
オレは本当に楽しく思ってんだ
だから見てほしいな このドラマ
言霊 お前たちに届いたか
でもそろそろ止めにしようか このラップ
だってオレの脳みそ ギブアップ

あまりの桐谷さんのラップのクオリティの高さにTOKIOのメンバーを始め、
ゲスト、そして客席も大絶賛でした。
これが桐谷健太さんが5LDKで披露したラップの話です。
とはいえ、やはり実際の動画が見てみたいですよね。
探してみたら結構テレビの録画動画がアップされているようです。
諸事情により、こちらには載せられないため、
具体的な内容はこちらのリンクから参照してみてください。
何度見てもこれを即興でやった桐谷健太さんはやはり凄いですよね。

タイトルとURLをコピーしました